Posted on

入会者は最初から結婚を意識している

異性との交際、そして結婚は誰でもすんなり実現するというわけではありません。容姿端麗の人でもなぜか恋人ができず、ずっと独身ということもありますし、社会的に評価されている仕事をしていて収入も安定しているけど結婚相手が見つからないという人もいます。そういう人にうってつけのサービスといえるのが結婚相談所です。では、結婚相談所に入会するメリットとデメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか。まずメリットですが、いい相手を見つめられた場合、交際から結婚まですんなりといきやすいということがあります。というのは、自分も相手も最初から結婚を意識して相談所に入会しているからです。

結婚する意思のない人とずるずる付き合うことがない

一般的な交際の場合、知り合ってからどちらかが告白して付き合い始めるといったプロセスをたどることになりますが、もし、「今はまったく結婚は考えられない」などとどちらが思っていれば、ずるずると付き合って、結局別れてしまうといったことも起こりえます。結婚相談所を介して付き合い始めた場合は、最初から結婚を前提にしているのでそういったことが起こる可能性は低いですし、また、もし交際相手が不誠実な態度をとった場合は結婚相談所の方からどういうつもりなのかと問いただしてくれます。そのため、仮に破談になった場合でも無駄な時間を長く費やすことはないでしょう。

相手の身元が結婚相談所によって確認されている

相手の身元が結婚相談所によって確認されているのも大きなメリットです。たとえば、出会い系のアプリなどでは相手が身分を偽っても裏をとるのが難しいです。「自分は会社を経営している」といわれれば、信じるしかないというのが実際のところでしょう。その結果、相手にだまされてしまう可能性もあります。しかし、結婚相談所では入会時に身分証明書を確認するほか、学校の卒業証明書や収入を証明する書類を提出させることが多いので、身分を偽るのはまず無理です。身元がはっきりしている人と交際できるというのは、結婚を考えている人にとってはとても魅力的といえるでしょう。

交際費などとは別にお金がかかる

では、結婚相談所のデメリットはなんでしょうか。これはやはり、費用の問題が挙げられるでしょう。たとえば、入会金として10万円を超えるお金を払い、さらに月会費を払い続けていかなければなりません。収入に恵まれていない人にとってはかなりの負担です。それで、支出に見合った相手を見つけられればいいですが、そううまくいかないこともあります。その辺を割り切らなければなりません。

登録者のプロフィールや結婚相手に求める条件をデータ化し、AIでマッチングする結婚相談所が増加しています